ほまろぐ。
稲嶺誉選手のNewsやコメントそして管理人の観戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲嶺が走塁を反省
日刊九州に記事掲載
ソフトバンク 9番二塁で先発出場した稲嶺が、追撃ムードを止めたプレーを悔やんだ。5点を追う7回表2死一、二塁。一塁走者だったが、1番大村の左翼線への二塁打で、ホームを狙いタッチアウト。セーフのタイミングだったが、日本ハム中嶋のブロックを避けることもなく足から滑り込んだ。「あのタイミングでブロックされることがなかったので、もっと考えないといけないです」と反省しきりだった。
スポンサーサイト
稲嶺が反撃開始の適時打
日刊九州記事掲載
稲嶺が楽天に傾きかけた流れを引き戻した。逆転された直後の5回表。2死二塁の場面で左前タイムリーを放って、反撃のノロシを上げた。「自分の打てるポイントの球を見逃さずにしっかり打とうと思っていた。つないでいくつもりだったが、タイムリーになって良かった」。今季2本目のタイムリーは貴重な一打となり、笑顔いっぱいだった。
copyright © 2005 ほまろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。