ほまろぐ。
稲嶺誉選手のNewsやコメントそして管理人の観戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外野は来季も戦国 稲嶺右翼練習
西日本スポーツに記事掲載
第2次・外野戦争ボッ発―。ホークス外野陣が「配置転換」で活力を注入された。俊足、巧打の稲嶺誉内野手(26)の外野起用を軸に、内外野を兼ねる小斉祐輔外野手(23)の外野専念プランも浮上。ベテラン勢を一斉に戦力外とし、世代交代を促した今オフ。外野が「新たな血」の導入で、高レベルな競争状態に入る。
新たなる戦争の幕開けだ。午前中の全体練習で行われたシートノック。左翼の井手、小斉中堅の大村、城所、右翼の柴原。ここまではおなじみの顔触れだが、初日のケース打撃の守備と同様、左翼に小斉、右翼には稲嶺という新顔が加わった。
新機軸は内野手・稲嶺の右翼起用。4月7日のオリックス戦で外野守備要員がいなくなり、1度だけ実践した緊急シフトだが、今秋、併用が本格化。ノックバットを握った森脇内野守備走塁コーチは「あらゆる可能性を考えてやることが必要。今年1年見て思っていた。打撃はしぶといし、いい脚力を持っている」と外野参戦で俊足、巧打を生かす狙いを明かした。
二塁を中心に、内野ならどこでもこなす万能戦士。西武とのプレーオフ第1ステージ第2戦でも西口から代打で同点打を放つなど価値ある働きを見せたが、二塁、三塁レギュラー不在の中で決め手を欠き、出場は昨季から15試合減の26試合止まり。本人も「どっちもやれるようにということでしょう。外野は送球の距離が長く感覚的に難しいけど、外野で足が使えれば(内外野)両方に生きる」と定位置奪取へ貪欲(どんよく)だ。
一方、小斉は外野専念の方向だ。一塁、左翼をこなすが、出場11試合のうち先発で守備に就いたのは左翼での2試合だけ。DH1試合のほかは代打で、2軍でも定位置は一塁というのが実情だ。松中やズレータが入る一塁、DHが空く可能性は低い。既に秋山総合コーチは今季の2軍公式戦終盤、フェニックス・リーグ期間中に外野テストに着手。小斉は「チャンスがある限りどこでも守ります」と意気込む。
宮地、井出ら実績あるベテランに、カブレラも戦力外となり世代交代を促進する今オフ。王監督は「来季は(若手の積極起用も)2年目になる。今季の経験を踏まえ、感じるものもあるだろう」と城所、井手らに最後通告を突きつけている。中堅挑戦中で現在はウインターリーグ派遣中の江川、故障中の辻、荒金を含め、来春も外野戦国時代は続く。
スポンサーサイト
プレーオフ第1ステージ3試合目ヒーローインタビュー
ヒーローインタビューです
今日のヒーローは打のヒーロー2人です
まずは稲嶺選手です
ナイスバッティングでした
ありがとうございます

あの同点のシーンなんですが・・・
どんな想いで打席に入ったんでしょうか?
いえもう初球から思い切りいこうと思って・・・
はいまあチームのみんなとホークスファンが打たせてくれたヒットだと思います


あの1本のヒットでチームも大きくのっていきましたね?
そうですね、のってくれると思って打ったんですけど
はい勝って良かったです!


そしてこれで第2ステージと言う事になりました?
そうですね・・・もうやるだけなんで頑張ります!

最後にファンにメッセージお願いします
えー北海道でも頑張りたいと思います
応援よろしくお願いします!!!
[プレーオフ第1ステージ3試合目ヒーローインタビュー]の続きを読む
稲嶺が殊勲の同点打
日刊九州に記事掲載
ソフトバンク森脇浩司監督代行(46)の采配がズバリ的中した。森脇代行の秘蔵っ子、プロ4年目の稲嶺誉内野手(25)が期待に応えた。1点を追う7回。2死二、三塁の好機に代打で登場すると、西武先発西口から右前へ起死回生の同点適時打を放ち、敗色感が漂い始めたチームの雰囲気を一掃した。試合後、森脇代行も「あそこは稲嶺で行こうと思っていた」と自信たっぷりに振り返るなど、固い絆(きずな)で結ばれる“師弟コンビ”が大きな1勝をチームにもたらした。

[稲嶺が殊勲の同点打]の続きを読む
稲嶺同点打 「自然とバットが出た」
西日本スポーツに記事掲載

ダンディーな男の声がうわずった。逆王手から西武を寄り切っての難関突破。「羽田空港から北に向かうか、南に戻るか。選手が一番しんどかったと思うが、よくやってくれた」。夕日をいっぱいに浴びた森脇監督代行の顔がほころんだ。
「瞬間、瞬間の勝負を思う存分楽しんでほしい」。試合前、そう言って選手をグラウンドに送り出した。一方でプレーボールがかかれば、適材適所の選手起用に目を配った。7回2死二、三塁。1点を追う正念場で「代打・稲嶺」を告げた。シーズンの打率は・196。西口には2打数無安打だ。
だが、森脇代行の決断に迷いはなかった。
[稲嶺同点打 「自然とバットが出た」]の続きを読む
代打稲嶺が同点タイムリー
日刊九州に記事掲載
ソフトバンクが試合を引き戻した。7回2死二、三塁から代打稲嶺が右前へ運び、同点とした。「打席に入ったら自然と気持ちが高ぶっていて、自然と初球からバットを振っていたという感じです。打てて良かった」と、興奮を隠せなかった。
copyright © 2005 ほまろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。